営業日カレンダー

お問合せ先

配送・送料について

お支払いについて

  • >
  • ドットわんについて

こだわりのごはんで、ワンコに「食べる健康」を
自然食ドッグフード “ドットわん”

空腹を満たす「エサ」ではなく、
健康な身体を作る「食事」を届ける

ワンコにとって理想的なごはん。それは、家族が迷いなく、安心して与えられる食事だと思います。見た目、香り、手触りを通じて確認できる安心…私たちはドライフード1粒にも正直であることを誇りに、ドッグフード作りに取り組んできました。

人間と同じように、ワンコの健康も日々の食事から作られます。ただ空腹を満たすだけの「エサ」ではなく、強い身体を作る「食事」を提供したい。どこの何から出来ているのか分かる、安心感のあるものを届けたい。私たちはそのために、生命力溢れる食材を探し、最新技術や伝統を活かした加工方法にこだわり、中身を守る包材を選定しています。

今日も5年後も10年後も、大好きな飼い主様とずっと元気に過ごせるように。私たちは日々の身体を作る「食事」から、ワンコの健康をサポートしていきます。

ドットわんが誕生した背景とは
ドットわんの誕生は、約10年前。私が友人の家でドライフードを見たときに、「この匂い、この見た目…何が入っているのだろう?」と気になったことがきっかけです。「品質がよく分からないものを与えて、飼い主さんは満足しているのだろうか。犬たちは美味しいと思って食べているのだろうか。」ふと、そのような疑問を抱いたとき、実は多くの方が同じような悩みを抱えているのではないだろうかと思いました。
代表 淺沼
会った瞬間に見せる嬉しそうな顔、留守番のときの寂しそうな顔…多くの方々にとって愛犬はかけがえのない家族です。だからこそ、「飼い主さんが小さな家族に安心して与えられるものを届けたい」そう強く思いました。そしてその想いから、「どこの何が使われているのか、きちんと見える」ドッグフード作りをスタートさせることにしました。
私たちの想いを体現するドライフード「ドットわんごはん」
ドットわんが食事作りにおいて大切にしていること
それは不要な加工や添加を施さず、食材そのものから栄養を摂ることです。私たちは食材がもつ力を信じ、何よりも大切にしています。なぜなら、食材には数え切れない種類の栄養素が含まれているから。それらは私たち人間と同様に、ワンコにとっても健康でいるためには欠かせない存在。栄養添加物では決して再現しきれないものです。
ワンコの身体をつくる食材たち
本来、犬は生き抜くためのたくましい力〈消化・吸収・代謝機能〉を持っています。しかし、添加物などを継続的に与えられると、力は弱まり病気にかかりやすくなるといわれています。健康で長生きするためには力を保つことが必要です。ドットわんでは余計な添加物に頼ることなく、食材そのものから栄養を摂れるよう、食材、加工、包材に至るまでこだわり抜いたものを使用。自然の恵みが詰まった商品作りに取り組んでいます。
厳選食材を組み合わせてつくる総合栄養食

MATERIAL
食材

ドッグフードは「食材の質」で決まる

私たちが商品を生み出すうえで最もこだわっているもの、それは「食材」。なぜなら、どんなに加工や包材を工夫しても、食材の質が低ければ、良い商品を作ることはできないからです。

ドットわんでは、そのほとんどを産地から直接仕入れています。産地を訪問し、生産者の方々から直接、食材の特長や食材にこめられた想い、こだわりを伺う。私たちは自分の目で品質や魅力を確認し、飼い主様の立場に立って愛犬に与えたいものかどうか考え、「これは!」と思うものだけを商品にしています。

自然の恵みと細かな気配りで育つ「トキワの豚」
ドライフード「ドットわん豚ごはん」に使用されているのは、岩手山山麓の澄み渡った空気と天然水の元で育てられた「トキワの豚」。ドットわん豚ごはんには、その中でも特に大事に育てられた母豚を使用しています。食用に肉質を改良されていない母豚は、脂身をほとんど持たず、赤身が多くしっかりした肉質が特長。口に入れると、その生命力を表すかのように、押し返してくるような力強い味わいがします。
成長に合わせて細かく豚舎を分けられ、最適な環境で育てられる
食事は、生き物からパワーを引き継ぐこと。生命力溢れる食材は、それだけワンコに力を与えてくれます。ドットわんでは、ワンコに少しでも美味しい食べ物を届けたいと考え、日本各地の産地を訪問。生産者の想いと共に、生命力溢れる食材を商品にしています。
ワンコを強く元気にする、力ある食材を厳選

PROCESSING
加工

香り、旨み、栄養
食材がもつ力をそのまま届ける

ドットわん商品の理想は、「良い食材をできるだけそのまま届ける」こと。そのために食品加工会社と提携し、職人のもつ技術や経験を活かした加工法を採用することで、着色料や香料、保存料等を一切使わない商品作りをしています。

ドットわんの商品は、食材そのままを活かしているため、季節や個体差により色や香りにバラつきがあります。しかし、それは手作り、ワンコの身体に不要なものが入っていない証。ドットわんでは時間や手間がかかっても、ワンコの健康を一番に考えた方法をとりたいと考えています。

日本の伝統技術、焼津カツオの燻し
ドットわんの「カツオシリーズ」は、日本有数のカツオ取扱量を誇る「協同組合焼津水産加工センター」と業務提携することで誕生した商品。ドットわん商品にも用いられている「燻し」は、焼津地方ならではの伝統技法です。
かまどの直火で燻しながら乾燥させる焼津の薫製技術“手火山式焙乾”

「カツオの燻しは焼津そのもの。薪を敷いた炉の上に使い込まれた蒸籠をのせ、何日もカツオを燻すんです。最近は機械もありますが、やっぱり違うと自信があるのは薫りですよ。すぐに分かります。」

機械では出せない、職人の勘と経験による技。ドットわんではカツオ商品だけでなく、低温でじっくり乾燥させる方法やフリーズドライ加工など、食材に合わせた加工方法を採用。添加物を加えない、食材の栄養をそのまま摂れる商品作りを行っています。

伝統の燻製技術を継承し守り続ける加工職人

PACKAGE
包材

出来たての品質を
全国のワンコへ運ぶために

生産者の想いのこもった食材を使用し、職人たちが腕によりをかけて仕上げた商品は、私たちの誇り。ドットわんでは出来たてをそのまま届けたいという想いから、2つの取り組みをしています。

1つは「大量生産せず、鮮度を保てるよう少量ずつ生産する」こと。もう1つは、「品質劣化を防ぐ包材を使用する」ことです。包材は食材の特性に合わせて、商品ごとに異なったものを採用。いつでもどこでも、出来たてと変わらぬ品質のごはんを楽しめるよう工夫しています。

ドットわんがパッケージに求める4つの要素

1.品質劣化の要因となる光・酸素・水を遮断し、中身を守るものを採用する。

2.商品内容が分かりやすく、手に取りやすいデザインや形状の工夫。

中身の商品の特性に合わせ、1つ1つ検討していく

3.持ち運びにおける利便性を高めつつ、開封後も中身を傷みにくくするため、チャック付きの袋を採用。

4.機能を損なわないことを前提として、ゴミが出にくいよう、できるだけ簡素化する。

※内容物に応じて、遮蔽素材や形状は変わります。

商品を守る真空パッケージのひとつ

MANUFACTURER
生産者

想いを共にする仲間たちと
食材の質を確保し、高める

不要な添加や加工を施さず、食材そのものを活かして作るドットわんの商品にとって、食材の質は、商品の質そのものといっても過言ではありません。そのために私たちは食材の厳選に情熱を注ぎ、想いを共にできる、自分の育てたものに強い“想い入れ”をもつ生産者や調達先を一から探しました。

早朝からの手入れ、害虫との戦い、生産者の方々の日々の積み重ねには、敬意の念が堪えません。人生をかけて取り組むプロたちからいただく食材には、「想いと物語」が詰まっています。その想い、物語を、商品に。「どこから」に加え、「誰から」という点も、私たちはとても大切にしています。

おすすめの商品・記事
loading...